仕事をする女性が豊かな生活を実現させるには?

仕事と生活のバランスを調和させ、豊かな人生設計をすることをワークライフバランスと呼んでいる。

昔は男性が外で働いて、女性は家事を担当するスタイルが一般的だったが、現在は女性の社会進出が促進されたことにより、多様なライフスタイルが認められる時代だ。
ひときわ女性にとってワークライフバランスは大きな意味を持っており、これは男性よりも豊かな生活を実現するためのハードルが高いためである。

父子家庭と比べて母子家庭は経済的に困窮するケースが多く、男性と比べて女性の平均年収が低い傾向にあることが関係している。
豊かな生活を実現するためには相応の収入が必須であり、そのためには正社員になること、高難易度の資格を必要とする職に就くことなどがポイントだ。

収入を増やすためには長時間の勤務をする方法が一般的であるが、過度の疲労やストレスを抱えることがない程度に抑える必要がある。
無理をして精神を病んでしまい、うつ病などを発症すると結果的に長期休職、経済状況の悪化などを招きやすい。
また勤務時間が長くなるほど、自分の時間を持つことが難しくなり、睡眠時間を十分に確保するのも厳しくなる。
ワークライフバランスを改善するにあたり、仕事内容や勤務時間を詰めていくことは大切だ。

配偶者や子どもと一緒に生活しているならば、思い切って甘えてみるのも手である。
土日だけ家事と育児を代わってもらうだけでも精神的にぐっと楽になるはずだ。
家族と家事や育児の役割分担について話しておき、一人に無理が集中しないように工夫することが大切である。

*女性が家庭を守っていた時代から社会進出するまで>>>女性の仕事の歴史探索>>>