仕事と生活を両立させるにはバランスが大切

女性の社会進出に伴い、女性が働くことは今や珍しいことではなく、社会になくてはならない働き手として認知されている。

仕事と家庭とのやりくりに悩む女性や、どちらかを犠牲にしたり、もしくは自分の身を削ったりすることでバランスを取ってきた女性も多いだろう。
しかし働き方の見直しにより、仕事だけでなく、プライベートの充実に注目する社会情勢の変化もあり、結婚や妊娠、出産、介護など仕事と生活双方の兼ね合いが重視されるようになった。

やりがいや充実感は仕事における重要な要素である。
同様に、生活においても充実感は必要だ。
両者のバランスが取れてこそ、人生を充実したものにできるだろう。

ワークライフバランスがとれる働き方は、女性の場合は妊娠や出産、それに伴う育児が一つのポイントとなる。
ワークライフバランスは、仕事と生活、どちらか一方が偏っていても成り立たない。
仕事に重きを置きすぎると体調を崩してしまうことにも繋がる。
逆に生活に重点を置くと、仕事のやりがいをなくしたり、収入が不安定になったりし、結果的に生活にも影響を与えかねない。

特に女性の場合は、妊娠や出産、育児などのライフスタイルの変化に伴い、働き方の変化が求められることも少なくないだろう。
仕事も生活も諦めたくない、一方を犠牲にしたくないというのであれば、一人で抱え込まずにその気持ちを会社やパートナーに伝えることが大切だ。
キャリアを諦めずに、産休や育休、時短などの制度を利用し、家事育児の負担に関してはパートナーと協力しあうことも可能かもしれない。
会社ではどういった制度が利用できるかあらかじめ確認し、先輩ママ社員に相談するのも一つの方法だ。